ローマという国は歴史を意味しており、多くの人々にとってヨーロッパの中でも美しい都市の 1 つとなっています。
芸術・文化は損なわれることなく過去と未来を結び付け、ミケランジェロの彫刻、トレヴィの泉、コロッセオ、システィーナ礼拝堂、バチカン市国などがあります。
Rome (Roma) means history.Rome for many people is one of the beautiful cities in Europe.Art and culture remain intact, connecting past with future.Roman ruins with Michelangelo’s sculptures, Fontana di Trevi, Colosseum, Sistine Chapel, Vatican etc.etc.

まずはナイトツアーに参加し人気スポットへ。
First took the night Tour, seeing and driving around some of the popular places.

トレビの泉の夜景 Trevi Fountain by night
  

噴水にコインを投げて願い事をする、もう一度ローマを訪れることができますようにと・・・そのおかげか私は何回も訪れることが出来ています・・・
Throw a coin in the fountain and make a wish which will ensure your return to Rome again, that’s why I am back to Rome many times.

サン・ピエトロ大聖堂での夕日 St Peter’s Basilica at sunset
  

サンタンジェロ城 Castel Sant’ Angelo(ancient tomb of Emperor Hadrian)

ローマン・フォーラム Roman Forum

Republic Square and Nayad Fountain
 
 

 

ナイトツアーの後、レストランで音楽を聞きながらワインと食事を
After the night sightseeing went to a restaurant for wine, food and music.

Ristorante Papa Rex

ここはイタリアとローマの伝統的な料理が食べられるレストランです。テノール、ソプラノの歌手そしてピアニストによるディナー ショーがあり、有名なイタリアの歌曲やオペラのアリアなどを歌っています。
This restaurant has Italian and Roman traditional dishes.There was music dinner show with tenor, soprano and pianist. They sing famous Italian songs and opera arias.

アンティパスタ Antipasta

2種類のパスタ 2 Types of Pasta

メインのローストビーフMain Roast Beef

サンタルシア Santa Lucia

アベマリア Ave Maria

オー・ソレ・ミオ Sole mio

陽気なスタッフがいて、良い音楽が聴ける素敵なレストランでした。
It was a lovely restaurant with pleasant staff and good music.

 

ローマ観光 Rome Day Tour

ローマでの一番効率のよい観光方法は、乗り降り自由のHop-on Hop-off バスツアーを利用することです。15-20 分間隔で運行されていて、ほとんどの有名な観光スポットに連れて行ってくれます。
The best, quick and efficient way of seeing Rome is by taking the Panoramic bus Hop-on Hop-off tour. This takes you to most of the famous and scenic tourist spots.You can hop-off at any spot, and then hop-on again to see other places.The bus comes in every 15-20 mins.

トレビの泉 Trevi Fountain
 
 
フォロ・ロマーノ Roman Forum

Roman Ruins
 

 
コロシアム Colosseum
 
 
剣闘士 たち Gladiators
 

Piazza Venezia (Tomb to the Unknown Soldier)
 

  
 スペイン広場の階段 The Spanish Steps
 

オベリスク Oberisk


ニューヨークNew York

エジプト Egypt
 

サン ・ ピエトロ広場  St. Peter’s Square
 

バチカン St Peter’s Basilica

赤い旗、右から2番目の窓。サン ・ ピエトロ広場で民衆に向かって演説をするローマ法王
The red flag, 2nd window from right.The pope addressing the crowd assembled in St Peter’s Square.
 

バチカンの衛兵 Swiss Guards at the Basilica
 

バジリカのドームDome of Basilica
 

ケランジェロの代表作「ピエタ」Michelangelo’s masterpiece “La Pieta”

教会Main chapel
 
 
 
バジリカの内部 Inside Basilica
 

モザイクMosaic
 
 

Close look at the Statues from the dome
 

バチカンの庭園Vatican gardens
 

ドームの頂上から見たローマ市街 City of Rome seen from top of dome
 
 

バチカン博物館とシスティーナ礼拝堂(ミケランジェロ「最後の審判」の壮大なフレスコ画を見れます)には2回訪れたことがありましたので今回は行きませんでしたが、もしローマ (バチカン)に行ったなら、この2か所は絶対に見逃すわけにはいかない観光ポイントです。
I did not visit the Vatican museums and Sistine chapel (where you can see the magnificent fresco of the Last Judgement by Michelangelo) this time, since I have already been there twice before.This is something that you must never miss when you are in Rome (Vatican city).

 

パンテオン The Pantheon

ロー マにあるパンテオンは古代ローマの神々を奉る寺院としてマルクス アグリッパによって建造され、後の126年頃ハドリアヌス帝によって再建されました。円形の建物には、厚いレンガの壁と大きな大理石の柱、大きなみかげ石 のコリント式の円柱があり、今でも世界で一番大きいドームです。
The Pantheon in Rome is a building commissioned by Marcus Agrippa. It was a temple to all the gods of Ancient Rome.
It was later rebuilt by Emperor Hadrian in about 126A.D. It has thick brick walls and large marble columns. The building is circular with a portico of large granite Corinthian columns.The Pantheon’s dome is still the largest unreinforced concrete dome.

神殿の中 Inside Pantheon
 
 
 
 

バチカン市国の司祭であるアントニオ氏が学会参加者たちにパンテオンを案内してくれ、一般公開されていない特別な古代肖像を見せてくれました。貴重な肖像が見られてラッキーでした。
The Congress participants were guided to the Pantheon by the Vatican priest Antonio.We were shown the special old Ikon, Which is not open to the public. We were lucky to view the precious Ikon.

聖母マリアとキリストの古代肖像 (約1400年前) Ancient Ikon of Mary and Jesus(almost 1400 years old)

 
案内をしてくれたバチカン市国の司祭アントニオ氏と With Father Antonio from Vatican who guided us

 

次回はアッシジとオルヴィエートに行きます。
Next will be on Tour to Assisi and Orvieto.
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です