第3回世界会議(ESAG)ヨーロッパ美容婦人科学会 2018.4月27-29日 ロンドン
The 3rd World Congress (ESAG) European Society of Aesthetic Gynecology was held from 27-29 April 2018.London U.K.


The Venue was at Queen Elizabeth 11 Centre

3日間の会議は、婦人科手術について広い範囲で行われました。手術以外でダウンタイムがより少ない方法も含まれておりました。
現在では、世界中で非常に少ないダウンタイムの方法が選ばれる傾向になってきております。
いわゆるLunchtime procedures。これらは、レーザーまたはR.F.のようなEBD(エネルギーベースの機械)で行うことができます。
例えばレーザー・R・F(高周波)熱を利用して若返り効果が得られます。
ヒアルロン酸(HA Fillers)注射の使用や、脂肪注入移植も可能です。
また、肥大した恥丘と大陰唇の脂肪吸引もできます。

The Conference for 3days covered several aspects of Gynecolgical Surgery.
It covered not only surgery but also non surgical procedures with very little downtime.
Now all over the world there is a tendency to have procedures with very little downtime.
So called Lunchtime procedures. These can be done with EBD (Energy Based devices)like Lasers or
R.F(Radio Freguency)We can also use injections like Hyaluronic Acid.(HA Fillers)
Also fat grafting can be done. And also Liposuction of hypertropied Mons Pubis or Labia Major.


展示とコーヒー休憩エリア
Exhibition and coffee Break Area
(EVA) Italian RF for Aesthetic Gynecology Treatment



私が購入した美容婦人科の新しい本
New book that I purchased. Aesthetic and Functional Gynecology.

ガラディナー

ガラディナーは、ロンドン ブリッジウォークウェーで開催されました。
これはテムズ川の約48メートル上にあり、ガラスの床面になっており
テムズ川と橋が見えます。

Gala Dinner
The Gala Dinner was held at the London Bridge Walk aways.
This is about 48 meters above the Thames River,and you can walk onthe glass floor and see the
Thames River and the Bridge.


ガラスフロア
The Glass Floor


橋とテムズ川を下に
Bridge and Thames River below


橋からの眺め
Views from Bridge

Gala Dinner


今回は、婦人科美容外科の全てにおいての興味深い会議でした。
次回の第4回ESAG会議は、来年、ギリシャのアテネです。

This was an interesting Meeting covering all aspects of Gyenecological Aesthetic Surgery.
The next year the 4th ESAG meeting will be Athens,Greece.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Next Post
»