TRIP TO SINGAPORE

2010年12月14日

シンガポールへ行ってきました。
いつもはJALを利用するのですが、今回はチャイナエアラインに乗ってみました。

I usually use JAL to Singapore. But this time I tried China Airline (Taiwan).
I have used this twice before once to Hawaii and next to Hong Kong.


 

東京から経由地台北までのフライト時間は約3時間半。
フライト中のサービス、食事共よかったです。

The Flight from Tokyo was about 3 1/2 hours.
In flight service and meals were excellent.
 

台北到着
Landing at Taipei

到着後ラウンジにて
After landing at Taipei rested at the Lounge in Taipei.

台北はチャイナエアラインの本拠地なので、ラウンジは大きくて快適です。
サービスも良好で数種類のヌードルやその他多彩な料理が用意されていますが、美味しい機内食を食べた後でしたのでここではパス。

Since Taipei is the base of China Airlines, the Lounge is big and comfortable.
There is a lot of food including several noodle dishes etc. etc. But after the good inflight meal I was not hungry.
 

しばらく休憩後また機内へ。
台北からシンガポールまでのフライト時間は約4時間半。
こちらのサービスも大変よく、快適なフライトでした。

The flight from Taipei was about 4 1/2  hours to Singapore.
The service and food and drinks were also good.
A smooth pleasant 4 1/2 flight.  

 

シンガポールのチャンギ空港は何度来ても快適な空港です。到着後の税関はいつもスムーズで、短時間で入国できます。国によっては人種差別をする空港職員もいてプロフェッショナルでない対応に怒りを覚えたことがあります。
タクシー乗り場では、いつもなら5~10分程待てば乗ることが出来たのですが今回は40分も待たなければなりませんでした。かつての日本もそうだったのですが、今では中国の旅行者が世界中に急速に増えているのですから仕方がありません。

Singapore Changi Airport, which I consider to be one of the best Airport in the world.The staff are professionals they know the good guy and the bad guy, I have never had a problem here, unlike some other countries where the staff I consider are not professional in their duty.they go by color, race and religion.
Usually it takes me only 5~10 minutes to get a taxi, but this time it took me almost 40 minutes. Cannot be helped with the Rapid increase of Chinese tourists, who are now all over the world, like the Japanese were sometime back.

今回はいつも滞在するオーチャード地区ではなくベイサイドにあるペニンシュラエクセルシオールに滞在してみましたが、ここを選んだのは正解でした。部屋の 眺めも良く、地下鉄もすぐそばにあります。2日間有効な地下鉄のパスを購入したので、たった1000円でいつでも便利に利用できました。

I usually stay in the Orchard area, but this time I tried the Peninsula Excelsior in the bay area. I did not regret it. The room was excellent with a beautiful view. The place was also well located close to the MRT. I bought a 2 day MRT pass and could travel anyway conveniently during my stay for only 16 Singapore dollars (¥1,000).

部屋からの夜景
view from room

部屋から見えた日の出
sunrise from room         

教会
Church・・・I can pray from room

U.F.O?

Marina Bay Sands<Triple Structure Hotel>has Casino

 

私 の母国マレーシア同様、シンガポールも多民族・多宗教国家で、中国人、マレーシア人そしてインド人が互いに協調して暮らしています。マレーシアは勿論マ レー系、シンガポールは中国系の人が多く、インド系はどちらも少数派です。シンガポールの食べ物は中国・マレーシア・インドの食べ物がブレンドされていま す。シンガポールやマレーシアに住む人々は外食することを好みますが、それはおそらく家で調理するよりホーカーセンターの屋台などで済ませた方が安上がり だからではないでしょうか。その中でもニュートンフードセンターは古くからありとても有名な屋台です。

Like Malaysia, Singapore is a multi-racial, multi religion society, Chinese, Malays and Indians living in a peaceful, harmonious society. The difference with Malaysia is that in Singapore, Chinese are the majority, in Malaysia, Malays are the majority and Indians are super minority in both countries.
The food here is a blend of these 3 different races. People here and in Malaysia love eating outside, probably because it is very cheap especially in the Hawker centers, that is Yatai. One of the oldest and famous Yatai is Newton Food center.

 
 

 

いくつかの地元の料理を紹介しましょう。 
Let me introduce some of the popular local dishes.


 

人気ナンバーワンは”フライドキャロットケーキ”です。
蒸した米粉とおろした大根を四角い形にしてネギや卵と一緒にオムレツのように炒めてつくります。
プレーンな白と、それより甘めの味付けの醤油味があります。

Number one on the list is Fried carrot cake.
Little cubes of rice flour and radish rapidly crispy fried.
The black is sweeter than the white version.

 

”バクテー(肉骨茶)”
豚のスペアリブを漢方やニンニクと一緒にコトコト煮込んだ、具だくさんのスープ。

"Number 2 is Bak Kut The" A herbal pork based soup with pork ribs, garlic and spices.

 

“チャー・クェイ・ティオ”
米麺にむき貝、中華ソーセージ、卵を混ぜ中華ソースで炒めたもの。

Another favorite is "Char Kway Teow" Flat rice noodles fried with eggs, prawns and cockles.

 

“サテー”
スパイスの効いたタレに漬け込んだチキンやマトンの串焼き。
米粉を練ってキューブ状にしたものやキュウリとレッドオニオンが添えられていて、甘辛いピーナッツ・ソースをつけて食べます。
ワインやビールによく合います。

Satay is another favorite which goes well with wine or beer.
Strips of beef, mutton or chicken skewered and grilled.
Eaten with cubes of rice, cucumber, onions dipped in a spicy peanut sauce.

 

 

“ロジャ”
マレー風サラダ(マンゴー、きゅうり、グァバ、パイナップル、揚げパンなどをこってりとした甘辛いソースであえたもの )
Rojak

 

“チリクラブ” Chilly crab

 

”ラクサ“
ココナッツ風味のマレーシア風ヌードル。 魚介類やかまぼこの小さなもの、揚げ豆腐などが入っています。
Laksa

 

”魚カレー” Fish head curry.

Other favorites are chicken rice,Roti prata and also sea-food, Lobsters, prawns.

 

ニュートンフードセンターには地元の人たちだけでなく、多くの外国人、特に旅行者がたくさん訪れます。

Here in Newton Food Center, you will find not only locals, but a lot of foreigners especially tourists.

 

ニュートンから 車でオーチャード通りを進むと、ショッピングやホテル街があります。
11月中旬になると世界中どこでもクリスマス一色になりますが、近年はデコレーションを始める時期が早まってきている上に、その飾り付けも年々趣向が凝らされ美しくなっています。CO2やエコ問題はどうなったんでしょうね?

After Newton took a drive to close by Orchard Road, the center of Singapore shopping, Hotels etc.  Everywhere in the world Christmas is being celebrated from Mid November, it is getting earlier every year and the power of decorations is getting more complex and beautiful every year.
How about CO2 and ECO?

 
 

Orchard Takashimaya

 

滞在2日目の日の出
The Sunrise the next day from room.

 

この日はセラングーンロードにあるリトルインディアへ。
ここはインド人がシンガポールに最初に来た際に住み着いた場所で、多くは南インドから移住してきた人たちです。

The Next day I went to Little India in Serangoon Road where the Indians first settled when they came to Singapore. The large majority of the Indians here are from South India.They have Indian Temples, Restaurants, Saree shops, Jewelry,Vegetables, Spices and anything Indian that you want?

インド寺院やレストラン、そしてサリー、ジュエリー、スパイスなどいろいろなショップがあります。

You can see the saree shops.
  

Indian Jewelry Shop

Shops selling flowers and garlands
 

Indian vegetable shops
       
 

ここには、ベジタリアンやモスリムの人たちのためのレストラン以外にも肉やシーフードを出すレストランもあります。

Off course in Little India there are many Indian Restaurants including Vegeterian and Muslim, and Restaurants serving meat and seafood.

 

南インド(タミル・ナードゥ)の主食は「米」、北では「小麦」(インドのパンともいえるナンやチャパティ)が主食。
In Southern India (Tamil Nadu) the staple food is rice. In the north it is wheat (Naan and chapatti, types of Indian bread).

南インドの米で作られた”トーサイ”
プレートで焼いたクレープのようなもので折りたたんでカレーやチャツネと一緒に食べます。

同じく米から作る”イドゥリ” 
お椀で型をとったような半円形の白い色の米粉の蒸し物で、カレーや野菜、肉などと一緒に食べます。

In the South you have "Thosai(dosa)" and "Idly" made from rice.
Thosai you can say is like crepe which is cooked in a hot plate, and folded. It is eaten with curry or chutney etc.
Idly is also made from rice and it steamed and is the shape of bun. It is also eaten with curry or other vegetable, meat dishes.

”ロッティ” (ナンと同じ生地を円盤状に焼いたもの)
プレーンタイプはカレーや他の料理と一緒に食べます。

Another type of Indian bread is Rotti.There is plain Rotti which is eaten with curry or other dishes.
The flour is thinned by rotating it several times And then folding it up and cooked on a hot plate.

 

ロッティにはパラタという、中にひき肉やオニオン、卵などの具を入れて食べるのもあります。

Another version of Rotti is Paratha. Paratha has fillings in it. The filling is usually minced meat, onions, eggs etc.

 

どの料理もパパダムが添えられていて、これはビールやワインにも合います。

Most of these dishes you can enjoy with pappadam. ( goes well with beer wine etc.)

 

 

南 インドではたくさんの量のスパイスやココナッツをマスタード、チリやカレーリーブと一緒に使います。かつて、東インド会社(英国)、ドイツ、フランスそし てその他のヨーロッパ人たちがペッパー、クローブ、カルダモン、シナモンなどの豊富なスパイスを求めて南インドにやってきました。そんなわけで現在ロンド ンにはたくさんのインドレストランがあるのかもしれません。

In Southern India generous amount of spices and coconuts are used with mustard seeds, dried chillies and curry leaves.In the olden times, The East India Company( English ), Dutch, French and other Europeans went over to the South for the abundant spices pepper, cloves, cardamom, cinnamon etc. Maybe that is why you can find so many Indian Restaurants in London now. 

 

インドの人たちは甘いものが大好きで、食後にはデザートを食べます。
米,麦,豆などから作るいろいろな種類のスイーツがあります。
中でも”ハルワ“と” “ラドゥ”が人気。

After the food, dessert. Indians love sweets. You have several different types of sweets, made from rice, wheat ,beans etc.
Halwa and Ladoo are very popular.

 

 

さてここで、インドの手で食べる理由についてお話したいと思います。
インド料理店では、どの店にも食事の前に手を洗浄するところがあります。
手で食べる習慣とはユニークな文化だなぁと感じたことはありませんか。
手で食べるということには意味があるのです。
最初に食べ物を見て、それに触れ、柔らかさや硬さ、熱さや冷たさなどを感じます。それから口元へ運び、香りを感じてから最後に口に入れ味わいます。こうすることにより人間の五感は自然が与えてくれた食べ物に対し喜びを感じることができるのです。
南インドやシンガポールへ行ったら是非経験してみましょう。

Now let me say here something about the Indian philosophy of eating with the hand.
Any Indian restaurant will have a several wash basins where you can wash your hands before eating.
Have you given some thought of how unique it is when you eat with your hands.
First you LOOK at the food. Then you TOUCH it, soft, hard, hot, cold etc.
Then you bring it to your mouth, the AROMA, and finally you eat it and get the TASTE.
So your senses are being used to enjoy you food that nature has given you. Amongst Indians do as the Indians.

 

食事をしたレストランはモスリムのレストランだったため、大好きなワインがなくて残念。ホテルに戻りスカイラウンジへ。

In the Indian Restaurant I did not have my Appetizer?…wine, because it was a  Muslim restaurant. So when I went back to the Hotel I went to the Sky Lounge on the Top Floor.

 

ここからの夜景はさらにすばらしい。

The view here was much more spectacular than from my room.

 
 

 

翌日の日の出は前日よりきれいでした。『サンライズ』と言えば・・・

The next day’s sunrise was more beautiful than the previous day.  "Sunrise" reminds of…

 
 

シンガポールからの出発は朝10:30。

The flight from Singapore was at 10:30a.m.Take off from Changi

台北までの所要時間は4時間半。帰りもまた快適なフライトでした。

The 4 1/2 hr flight to Taipei was very pleasant, good service, excellent food and wine.
Landing at Taipei

  
 

乗り継ぎのため台北にて1時間半待ち、そして東京へ。台北から東京へは追い風のため3時間余りで到着。

After resting for about 1 1/2 hrs.
In Taipei Lounge took the final flight back to Tokyo.  
The flight from Taipei to Tokyo took only 3hrs because of the tail wind.
 

 

チャイナエアラインでは、世界一のパン職人を決める国際コンテストで優勝した台湾の呉宝春 さんのパンをサービスしています。
・2008 年2位獲得“ Coupe Louise Lesaffre”
・2010 年優勝作・台湾のローカルワインとライチを使った “ Les Masters De La Boulangerie”

とてもおいしかったです。

The bread served through out China Airline flight was Master Pao Chun Wu’s creation.
In 2008 Master Wu. Won a silver Medal in “ Coupe Louise Lesaffre” in this competition by creating Longan Bread mixed with red wine.He was also the champion of 2010 World Bakery Master “ Les Masters De La Boulangerie” by using Rose Litchi bread mixed with Taiwan Aborgiral Millet Wine. The Bread was very tasty.

 

機内サービスでは、豊富な赤・白ワイン(フランス、イタリア、カリフォルニア)、そしてシャンパンも用意されいました。
11月18日(木曜日)が、ボジョレー・ヌーボ解禁の日でしたので機内にてこのワインをいただきました。ドメインはルイスマックス。ブルゴーニのとても有名なワイン製造会社です。

ヌーボに使われる葡萄の品種はガメイで、果物の豊かな香りと柔らかなタンニン。
とてもおいしいワインでした。
濃厚なバイオレットカラーでフレッシュラズべリーとストロベリーの香り。
今年のヌーボーはとてもよいので2010年物は良いビンテージが期待されます。

China Airline flights have a good collection of red and white wines. ( France, Italy and California ).
They also have champagne. They match very well with the food served.
November 18th Thursday was the official opening day of Beaujolais Nouveau.
Since my Flight was on 21st and 24th I could also enjoy this wine.
The Domaine was Louis Max.
One of the most famous wine producers in Burgundy.
The grape variety for the Nouveau is Gamay.
Very fine aromas of fruit, silky pretty tannins and caressing on the finish.
The wine is very pleasant to drink.
Dark violet color, fresh raspherry black cherry and strawberry on the nose.
Very full on the palate, warm, ripe and long on the finish.
This year’s nouveau is also good so we can expect a good vintage for 2010.
 

さて、今回のチャイナエアラインのサービスですが、食事もドリンクも以前利用した時よりも格段とレベルアップしているように思います。
機会があれば利用してみてはいかがですか?

Well to sum up China Airline’s service, meals and beverages have all been upgraded to a satisfactory level.
Try it for a change.
 

機内サービスは変更されることもありますので詳しくはホームページをどうぞ。
http://www.china-airlines.co.jp/

Sometimes the service may change for more details.
See H.P. of  “China Airlines”.
http://www.china-airlines.com/en/index.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です