『光都東京』 LIGHTOPIA 2010

東京千代田区大手町・丸の内・有楽町地区で、毎年クリスマスシーズンになると、
<地球・環境・平和>をコンセプトに人と地球にやさしい多様な光の世界が展開します。

Tokyo one of the great cities of the world.The center of Japan.
Around Tokyo station, in Otemachi, Marunouchi and Yurakucho area is lighted up every year during Christmas season.
The concept is Earth, Environment and Peace, with Light, the source of Life and Energy.

 


『アンビエント・キャンドルパーク』
皇居外苑エリア(和田倉噴水公園)
テーマは<地球・環境・平和>。
著名人および千代田区の小学生が描いた600もの明り絵が展示され、噴水や樹木を照らす純白の光によって幻想的な空間が創りだされます。

『Ambient Candle Park』
Since the concept is Earth, Environment and Peace.
Here there are 600 lighted candles, with illustrations and Inscriptions by famous people and Primary school children of Chiyoda-ku(one of the 23 districts of Tokyo).
With the lighted fountains in the background the lighted candles create a peaceful atmosphere.

 

 

 

噴水公園を囲むケヤキ並木に配した光のロープは人と人との関わりやつながり「交流」を表現。

LIGHTED UP GARDEN
The lighted keyaki trees are joined by ropes, indicating the peaceful communication among people each person holding the hands of the person next to him..
The rope and trees are lighted up by white L.E.D lights.

 

 

『光のアート・インスタレーション 交流』皇居外苑エリア
皇居の石垣に沿って、白く美しい光が連続して流れ、交わり、つながっていく「交流=光流」の姿が創りだされています。
このタペストリーは”COP10”のロゴマークをアレンジしたもの。
これを機会にあらためて「国際生物多様性年」の意義を振り返り、環境保全の大切さを考えたいものですね。

『Light Art Installation “kouryu”』
Along the moat of the Imperial Palace, the Logo marks of COP10 have been arranged and lighted up. (Light Tapestry).
This shows us the importance of living together with these animals and also see that they do not perish because some of us going for the fur, horn tooth etc. and also global warming lumbering which reduces thier natural habitat. The time has come to reduce these activities or we also will perish forever.

 

 

『フラワーファンタジア』丸の内エリア
生花で形づくられた球体をいくつも重ねあわせた一対の光輝くシンボルオブジエが見事。
シャンパンゴールドのエコイルミネーションで銀杏並木が輝いています。

『Flower Fantasia』 At Marunouchi Area
Beautiful Live Flowers are blended beautifully with lights.
Also using champagne gold illuminations (L.E.D)

 
 

 丸の内付近のイルミネーション The other areas in Marunouchi

 

満月がきれいでした Full Moon

 

地球に負担をかけないグリーン電力…

このイベントでは自然と共生する環境型イルミネーションということで、すべての光はグリーン電力によりまかなわれており、今話題のLEDを使用したアートが暗闇を楽しく彩っていました。前回シンガポールでも同様に感じたのですが(シンガポールのイルミネーション)、 エコを掲げる世界の国々がこの時期になると一斉にライトアップを行っています。たとえそのすべてをグリーン電力でまかなったとしても全世界の使用電力を考 えると膨大な消費量になるはずです。同時に長期的にみれば木々や植物に与える影響は避けられない問題だと思います。これでは世界的にイルミネーションを自 粛しない限り本当の意味のエコとはいえないのでは…

In this event the electricity is from hydro powered clean electricity.
As I mentioned previously, the whole world is accelerating in seasonal lighting up.
It maybe L.E.D. and emission of heat may be less.
But when it amounts to this large scale all over the world, I am sure this is also contributing to global heating in some way or other.
An also the trees and plants will be damaged in the long run.
Not everyone is using clean energy.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です