パリのGare De L’Est 駅からTGV(高速列車)でランスへ行ってきました。
ランスまでは距離にして約130キロ程、所要時間は45分です。列車の乗り心地は快適でしたし車窓風景も申し分ないほど美しかったです。日本で事前に予約をしておくと割引料金になります。

You take the TGV(Express train) from Gare De L’Est station in Paris. The distance is about 100km from Paris to Reims. It takes about 45 mins.  Comfortable seats and view of the country side is also good.  Left Paris at 15:57 and arrived in Reims at 16:42.The fare is very cheap if you book early in Japan.

パリ東駅 Gare De L’Est STATION, PARIS
 

TGV:パリ発15:57―ランス着16:42
 

宿泊したホテル『メルキュール ランス カテドラル』は、部屋は狭いものの清潔感があり小ぎれいな雰囲気で、オフシーズンだったせいか宿泊客はほとんどいませんでした。

In Reims stayed at the Reims Mercure Cathedrale. The room was small but very neat and clean. Since it is off season now in winter, there were not much people in the hotel.

 

ユネスコの世界遺産:ノートルダム寺院を訪問。                          

ラ ンスはフランスの歴史上重要な出来事の舞台となった町で、ノートルダム寺院は歴代フランス国王の戴冠式が行われた歴史を持っています。建物は13 世紀のヨーロッパの最も重要なゴシック様式構造の 1 つで、外観・内観が美しいのはもとより神聖さを醸し出すステンドグラスも圧巻です。また、ここは修道士によって発明された素晴らしいシャンパン発祥の地で も有名です。

Took a walk to the Notre-Dame de Reims. This is a UNESCO World Heritage. Reims is an ancient and historical city. Also known as coronation city, And city of champagne, the wonderful, excellent and best alcoholic drink given to us by the monks. Notre-Dame de Reims is one of Europe’s most important Gothic structures of the 13th century, 25 kings have had their coronation here. The structure is beautiful from outside, and inside. You can enjoy the beautiful stained glass from inside also.

 
 
 

 

ホテルへ戻って夕食。
美しいロゼのシャンパン&フォアグラテリーヌ
シャンパン、ワインともパリに比べると20~30%安かったです。

Then went back to the hotel for dinner and especially to enjoy the champagne.
The beautiful and rose champagne went well with the Terrine of Duck Foie Gras.
Prices here when compared with Paris are 20-30% cheaper.

 

翌朝はシャンパンで有名なポメリー社を訪問。

The next morning made a visit to Pommery.
This is very popular champagne which most of us know and have tasted.

 

1858年、若き未亡人マダム・ポメリーが今日のポメリーハウスを築きました。
Modam Pommery the young widow set out in 1858 to establish the Pommery House.

エミールガレ(1904年)の立派な彫刻が施された樽―75000リットル、およそ10万本のボトル分。
ポメリーは、フランスとアメリカとの友好を深めるために、セントルイスワールドフェアにこの世界でも珍しい巨大な樽を送りました。この彫刻には、フランス を意味する若い女性が古代アメリカのシンボルであるインディアンにポメリー社のグラスシャンパンを敬意を込めて差し出しています。自由の女神は新しいアメ リカの象徴です。また、下の部分にはランスの街並みと大聖堂が掘られています。

This Pommery blending barrel is one of the largest in the world. It can hold 75,000 liters or approximately 100,000 bottles.
To tie the relationship of France and America, Pommery sent this giant barrel to St.Louis for exhibition at the World Fair.
The wooden sculpture, presents France as a young woman, offering a glass of Pommery to America, a Sphinx like creature with a head of an Indian, the symbol of old America. You can also see the Statue of Liberty, representing the New America.At the base you have a panoramic view of city of Reims and the famous cathedral. Artist’s signature, “Emile Galle Nancy 1904”

地下30mまで階段で下ると天然のシャンパン カーヴ(貯蔵庫)になっていて、年間を通じて10℃という瓶内熟成において理想的な温度の中でたくさんの年代物シャンパンが貯蔵されていました。

The basement cellars are about 30 meters beneath, here the long steps take you down below. The temperature is naturally maintained around 10℃. It is a natural cooler, heavenly resting place for the precious aging champagne.

長い階段 Long steps leading to the basement cellar.
 

地下には、伝統的な方法で作っているシャンパンと、年代物のシャンパンが貯蔵されています。また、あちらこちらに現代アートが展示されています。人によって感じ方は様々でしょうが…いったい何を象徴しているのかわからないものも…

In the basement other than the aging wines you have Modern Art, some which you can appreciate, others depend on what you…?? Well what did the artist (creator) have in his mind.

雨漏り?Rain pouring in an old room?

サボテン…?Cactus…well it is a cactus.

これらも芸術です…Some more art?
 

自然の貯蔵庫の中のシャンパンボトル
The champagne bottles being aged in the natural basement cellar.

貯蔵庫は、取引のある世界各国の都市の名前が付いていました。日本は、KYOTO。
Some of the cellars are named after cities: Kyoto

ビンテージ物 Old vintage cellar

自分のバースデービンテージを発見 My birthday vintage. Maybe it is vinegar now!

 

お待ちかねのテイスティング… And finally tasting

キュヴェ・ルイーズはポメリー社が誇る最高傑作。
60%:シャルドネと40%:ピノノワール。花の香りと繊細なレモンの香り。

Cuvee Louise is the most prestigious wine of Pommery.
It is 60% chardonnay and 40% Pinot Noir.
It is sweetened only slightly to preserve the blends purity.
Floral fragrances and lemon scented background.

次は辛口のロゼ。
ピノノワール、ムニエそしてシャルドネ。
デリケートなピンク色でフルーティな香りが漂うデリケートな味。

The next was Brut Rose
Blended with Pinot Noir, Meunier and Chardonnay.
The delicate pink color comes from Pinot Noir.
A delicate champagne both in the nose and mouth, with fine fruity notes.

 

午後はテタンジェへ。

In the afternoon made a visit to Taittinger.

 
 

カーヴ(貯蔵庫)へは階段と長い下り坂を降りていきます。そこでは毎日手動でボトルを回転させ、瓶の上にたまったカスを取り除いて、またワインをつぎたして発酵を続けます。シャンパンの完成後、コルクしワイヤーでしっかりと固定しておきます。

A deep descent into the cellars or Caves as it is called here.The bottles are turned manually daily and the crust is removed and more wine is added. Finally when the champagne is matured the bottle is corked and wired.

 

完成したワインは、5~10年の間地下セラーで出荷されるまでねかせて置きます。
The completed champagne is aged for 5~10years.

エタンジェのシャンパン The different champagne products of Taittinger

この日の夕食は再びホテル内で済ませることに・・・食事がおいしい上に、スタッフの対応もとても素晴らしい。

Went back to the Hotel to have dinner. Since I liked the Restaurant here. The food, wine and staff were all pleasant.

 

翌日はマムへ。

The next day went to visit Mumm.

 

 

通常、シャンパンはピノ・ノワール、シャルドネ、ピノ・ムニエの3つ品種がブレンドされています。勿論シャルドネだけのシャンパンやシャルドネとピノ・ノワールをブレンドしたものもあります。

Most of the champagne is made by blending usually the following 3 different grapes.Pinot Noir, Chardonnay and Pinot Meunier.Off course you can make with Chardonnay alone,or with Chardonnay and Pinot Noir.
 

 

 

樽で発酵 Fermenting the wine in barrels

スチールタンクで発酵 Fermentation in steel tanks

伝統的なボトルでの発酵 Fermenting the traditional way in bottles

マムのタペストリー Tapestry at Mumms

マムのシャンパン Mumm champagne Line up

 

 マムでのテイスティング Tasting at Mumms
 

  

かつて使用されていた葡萄粉砕機 Ancient grape crusher

 

『マムの春夏秋冬』

春 Mumm at Spring

夏 Mumm at Summer

秋 Mumm at Autmn

冬 Mumm at Winter

 

そしてフジタ・チャペルへ。

ここは有名な日本人洋画家〝レオナール・フジタ”がカトリックに改宗後、1966年にデザインしたロマネスク様式の礼拝堂です。中にはすばらしいステンド グラスやフレスコ画があり、そこからキリストの人生を垣間見ることができるそうですが、残念ながら開館しているのは5月から10月までということで中を見 ることはできませんでした。

After that took a walk to Fujita chapel.After being converted to Catholic, the famous Japanese painter, Leonard Foujita designed a Neo-Romanesque chapel in 1966.The stained glass windows and large fresco is inspired by Christ’s life.Unfortunately I could not see inside the chapel since it is open only from May to October.

余談ですが、レオナール・フジタこと藤田嗣治といえば猫と女の画題とした作品が有名。
これは私が気にいっている作品のひとつ。

As a matter of fact,Fujita is famous for his painting of cats, birds and beautiful nude woman.
This is Fujita’s Lithograph in my posession.

最後はシャルル・ド・カサノヴァを訪問。

The last champagne place to visit was Charles de Cazanove

オーク樽で発酵 The wine being fermented in oak casks

スチールコンテナーで発酵 Wine being fermented in steel containers

機械仕掛けで回転 Bottles being turned by machinery

 

地震がない国でよかったですね…Lucky not in a earthquake region

テイスティング And then finally tasting

 

 

歴史的名所のマルス(軍神)門へ。

紀元3世紀に建てられ現存している唯一の凱旋門。長さ33メートル、美しい3つのアーチがあり神話的な装飾が施されています。かつてランスはローマ帝国の支配下にあり、デュロコルトルムと呼ばれていました。

Took a walk to close by historical site: Mars Gate, this is the only remaining monumental gate built in the first part of the 3rd century. 33 meters long and the 3 arches are mythologicaly decorated. It was access to the Roman city of Duro cortorum.

 

ランスは小さな古い町ですが、シャンパーニュの産地というだけでなく観光スポットもたくさんあります。かつて馬車が通っていた玉石が敷き詰められた道などもまだ残っていてとても風情が感じられる街でした。

Reims is a small old city with many places to see other than the champagne.They still have the cobblestone streets, where the horse driven carriages were used in ancient times.

 

ランスでの2泊3日の旅を終え、TGVで再びパリへ。

After having spend 2 nights and 3 days in Ancient city of Reims. Went to Reims station and took the TGV back to Paris.

ランス駅 Reims station

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です