イスタンブールは世界で唯一、二つの大陸にまたがる都市で、ボスポラス海峡をはさんでアジア側とヨーロッパ側とに分かれています。 また、8000年以上におよぶ歴史を持つ、人口1200万人の大都市でもあります。かつてオスマン帝国はヨーロッパ東部から北アフリカやアラビア砂漠にわ たり勢力を広げており、歴史的宝庫とも言えるイスタンブールの街はまさに現代の博物館です。美術館、宮殿、壮大なモスクやバザールは絶えず活気にあふれ、 ビザンチン・オスマン帝国時代の見事な記念碑や文化遺物が数多く存在しています。
Istanbul is the only city in the world that spans over two continents, Europe and Asia divided by the Bosphorus. Istanbul is a very old city with a history of more than 8000 years and a population of 12 million.The Ottoman Empire once spanned from Eastern Europe to North Africa and deserts of Arabia. Istanbul is a living museum with its historical sites.The museums, palaces, great mosques and bazaars seem inexhaustible. There are fine monuments and artifacts of both Byzantine and Ottoman periods.

 

ファーティフモスク Fatih Mosque & スパイスバザールSPICE BAZAAR

ファーティフモスク Fatih Mosque

ファー ティフモスクの近くにはスパイスバザールがあります。その昔商品はエジプトからイスタンブールに輸入されていたため別名エジプトバザールとも呼ばれていま す。 ここではアロマ、シナモン、キャラウェイ、サフラン、ミント、タイムなどのハーブやスパイス、その他には宝石類やドライフルーツ、ナッツ、地元のお菓子に 至るまで何でも手に入れることができます。
The Fatih Mosque is close to the entrance of the spice bazaar (Egyptian bazaar). In early days most of the goods were brought from Egypt. Here you have the aromas, cinnamon, caraway, saffron, mint, thyme and other herbs and spices. You also have jewelers, dried fruits and nuts, and local sweets, cakes and etc. etc.

スパイスバザール SPICE BAZAAR
 
 
 

 

ヒッポドロームとオベリスク Hippodrome and Obelisk

現在“馬の広場”と呼ばれている広大な競馬場は、ブルーモスクとアヤソフィアの間にあり、旧市街のスポーツ (戦車レース陸上競技) と政治活動の中心の場でした。
The vast Hippodrome or “Plaza of the Horses” stretches between the Blue Mosque and Hagia Sophia. The Hippodrome was the center of sports activities (chariot races athletics) and political activities of the old city.

オベリスク Obelisk
 

これは、トトメス3世を称えて紀元前1500年にエジプトに建立されたものですが、テオドシウス1世の統治時代にイスタンブールに運ばれてきました。
This was erected in Egypt in 1500B.C. honoring the Pharaoh Thutmose Ⅲ. It was brought to Istanbul during the reign of Emperor Theodosius (379-395)

 

ブルーモスク The Blue Mosque

ブルーモスク The Blue Mosque

このモスクはオスマン帝国時代の中でも美しさがひと際目立っており、オスマン建築とビザンティン建築の良さを合わせ持つ代表作で、壁や柱に施された青いタイルの色からブルーモスクとして知られています。
This beautiful Mosque has had a prominent place in Ottoman history. A masterpiece with combinations of Ottoman mosque and Byzantine church architecture. It is known as Blue mosque because of the blue tiles adorning the walls of its interior.

インテリア Interior

ドーム Dome
 
ブルータイル Blue tiles

ステンドグラス Stained Glass

 

アヤソフィア Hagia Sophia

アヤソフィアは”church of Divine Wisdom(神の知恵の教会)”とも呼ばれています。
6世紀、皇帝ユスティニアヌスにより大聖堂として建てられ、その後360年、コンスタンティノス2世の君臨時代に完成。東ローマ帝国の代表的な遺構で、ビ ザンチン建築の最高傑作といわれています。ブルーモスクの反対側にあるスルタンアフメト広場にあり、建立してから916年間は教会として、その後481年 間はモスクとして使用され、そして1935年からは博物館となっています。
Hagia Sophia also called the “church of Divine Wisdom.” was completed in 360 during the reign of ConstantineⅡ.It is a masterpiece and one of the greatest marvels of architecture, built as a basilica in the 6th century by Emperor Justinian. This is located at the Sultanahmet square opposite the Blue mosque. It served as a church for 916 years and 481 years as a mosque. From 1935 it is a museum.

アヤソフィア Hagia Sophia

アヤソフィアのドーム Dome of Hagia Sophia
 
 
 

 

グランドバザール Grand Bazaar

オスマン帝国、メフメト2世(1415年-1481)の時代に建てられたこの屋根付きバザールには4000ものショップがあり、骨董品、宝石、金、カーペット、皮製品そしてお土産などが売られています。
In Ottoman period Mehmet the Conquoror (1415-1481) built this covered bazaar.This Grand Covered Bazaar has 4000 shops selling antiques, jewellery, gold, carpets, leather ware and souvenirs.

グランドバザールのNuruosmaniye ゲート Nuruosmaniye Gate of Grand Bazaar

バザール内の様子 Interior of Grand Buzaar
 
The other gates of Grand Bazaar. 

Kapalicarsiバザール Kapalicarsi Bazaar
ベヤスット門 Beyazit Kapisi

 

 

トプカプ宮殿 TOPKAPI PALACE

ここはオスマン帝国の君主が住んでいた宮殿で、現在は博物館となっており、帝国時代の財宝やイスラム教の神聖な遺品、中国磁器、武器、書法、またかつての宮殿の台所などを見ることができます。
This was the residence of Ottoman sultans. Now it has imperial treasury, sacred Islamic relics, Chinese porcelain, weapons, calligraphy sections, kitchen etc.

トプカプ門 Gate of salutation

台所 Kitchen
 
トプカプ宮殿からボスポラス海峡の眺めView of Bosphorus from Topkapi Palace
 
ドーム Dome
 

 

 

ドルマバフチェ宮殿 Dolmabahce Palace

1843年から1856年に第31代スルタン・アブドゥルメジット1世によって建立されたドルマバフチェ宮殿は、ボスポラス海峡のヨーロッパ側にあり、1856年から1922年まで王宮として使われオスマン帝国を統治していました。
This palace is located on the European side of the Bosphorus. It served as the main administrative center of the Ottoman Empire from 1856-1922.This palace was ordered by the Empire’s 31st SULTAN Abdülmecid I and built between 1843 and 1856.

宮殿は、男しか入れないセラムルク、スルタンの家族の居住区域であるハレム (後宮)、そしてトルコ共和国の創設者であるアタチュルクの執務所の3つに分かれています。
The palace has 3 sections: Selamlik allocated for state issues, Harem (Seraglio) for private like of sultan and family and the Parade Hall, study and bedroom of Ataturk, founder of the Turkish Republic.

宮殿内 には285の部屋と46のホール、6つのハマムそして68のトイレがあり、特に玄関ホールにある5.5トンのシャンデリアは圧巻でした。その他にも、大広 間のボヘミア、バカラ、ベイコズ製の36のシャンデリアやヨーロッパのアンティーク家具、陶器、絵画など豪華コレクション、そしてヨーロッパ、エジプト、 インド、中国、日本から贈られた陶磁器、家具、絵画などがたくさんあり、当時のオスマン帝国の隆盛がうかがわれました。
It has 285 rooms, 46 halls, 6 Turkish baths, and 68 toilets. In the saloons there are 36 Bohemia, Bakara and Beykoz chandeliers. There are also a great collection of European antique furniture, porcelain and paintings. In the middle of the Greeting saloon there is a chandelier which weighs 5.5tons. Some of the porcelain, furniture and paintings are gifts from Europe, Egypt, India, China and Japan.

ドルマバフチェ宮殿 Dolmabahce Palace
 
 
ボスポラス海峡の入り口 Entrance to Bisphorus
 
 

 

(カーリエ) St.Savior in Chora (Kariye)

かつてここは救世主キリストのためのビザンティン様式の修道院でした。素晴らしいモザイクとフレスコ画法により聖書に基づいた聖母マリアの生涯とキリストの誕生や奇跡が描かれています。
This was originally a Byzantine monastery, dedicated to Jesus Christ the Savior. Scenes about the lives of Jesus and Virgin Mary in fantastic mosaics and frescoes.They portray scenes from the Bible, the life and miracles of Jesus.

St.Saviour in Chora
 
教会内のモザイク Mosaics inside church
 

聖母マリアの死のモザイク Death mosaic of Virgin Mary

天井のモザイク Ceiling mosaic
  
ドームのモザイク Dome mosaic
 

 

Blachernæのパナギア教会 the church of Panagia of Blachernæ

聖マリアの聖堂で有名なのがBlachernæのパナギア教会で、聖なる噴水でよく知られています。この聖水は、フランスにある「ルルドの聖水」同様、この聖水を飲むことによって病気が治る力があると言い伝えられています。
This is the best known and most popular shrine of the Holy Virgin.It is famous for its fountain of Holy Water.It is supposed to cure health problems like Lourdes in France.They also have a sacred bath here, which is good to clean the soul. It is said Emperors also came to purify themselves here.

教会のインテリア Interior of church
 
教会のドーム Dome of church

フレスコ Fresco
 
噴水とお風呂 Fountain and Bath

病があれば治ることを期待して…
聖水を飲んでみました。
I also got some Holy Water from here and drank it.
I hope all my illness, if I have any will disappear.

 

長老 聖ジョージ教会 Patriarchal Church of St.George (Fener)

これはローマ帝国時代、コンスタンティヌスがキリスト教を公認した東方正教会の教会です。
This is the seat of Orthodox Christianity,
Since Constantine The Great’s declaration of Christianity as the religion of Roman Empire.

教会の外観 Exterior of church

教会のインテリア Church Interior
 
フレスコ Fresco

キリストがはりつけされる前の柱
Part of column where Jesus was bound before Crucifixion. (ancient relic)

 

ビザンチン市街の城壁 Bizantine City walls

ビザンチンの城砦は5世紀に作られ、長さは22キロ、96の塔がありました。
These walls surrounded the acropolis of Byzantium.They were 22kms long fortification.There were a total of 96 towers.It was built during the 5th century.

ビザンチンの旧市街の城壁 Byzantine Ancient City Walls
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です