逆さまつ毛を治す


逆さまつ毛とは、まつ毛が内側に向いて生えているために、まぶたの動きによってまつ毛が眼球に触れ、眼球を刺激する状態にあるまつ毛をいいます。逆さまつ毛を放っておくと、涙が出たりするだけでなく、結膜炎の原因になることもあります。
手術は、局所麻酔後、二重まぶたの手術と同じように、眼輪筋、脂肪、皮膚のたるみを除去し、糸をかけて瞼板に固定しておきます。尚、現在一重の場合には二重のラインがつきますが、極細い奥二重にすることも可能です。
縫合は時間をかけて細かく丁寧に行ないますので仕上がりがとてもきれいになります。
手術時間は約30分、抜糸は1週間後に行ないます。(遠方にお住まいの場合、溶ける糸を使用することも出来ます)   
洗顔やシャワーは翌日から可能ですが、抜糸が済むまでは患部を濡らさないようにすることが大切です。個人差はありますが、腫れのピークは術後4〜5日で、約1〜2週間で8割ほどひいていき、1ヶ月もすれば自然な感じになります。アイメイクは抜糸が済んでから行なってください。

■費用 190,000円(両目)  
▲ページトップへ戻る
Copyright 2008 Sunrise Aesthetic Surgery このサイトに関する全ての無断転写を禁止します。