ミニリフト (頬のたるみ取り)


ミニリフトは、頬の筋肉や脂肪も下がってきて、全体に老けたような感じが気になる人に適した手術です。たるみにより下がった口元を引き上げますので、気になるほうれい線を解消することができます。傷痕は目立たないように耳の上の髪の毛の中から耳の前に沿って設けますので髪型などで十分カバーできます。

手術には通常のメスではなく、レーザーを使用します。
レーザーメスによる手術にはこんな効果がありますレーザー光線は局所に照射できるので正確で微細な手術が可能です。
瞬時の凝固により出血が少ないため、腫れや術後の疼痛を最小限に抑えられます。
傷口の治癒が速やかです。

手術は、引き上げる部分をマーキングした後、局所麻酔を行ないます。そして、毛の生えている部分は毛根を傷つけないように、また、顔面神経や筋肉、血管を傷つけないように注意しながらマーキング部分を切開し皮膚と脂肪を筋肉から剥離します。次に、皮下にあるゆるんだ筋膜と筋肉に糸をかけて皮膚を上に引っ張り上げます。その際、たるんだ皮膚だけでなく頬の脂肪を含めた組織全体を引き上げるため、効果が長続きします。最後に縫合は時間をかけて細かく丁寧に行ないますので仕上がりがとてもきれいになります。所要時間は約60分です。 



抜糸は1週間後に行ないます。洗顔やシャワーは翌日から可能ですが、抜糸が済むまでは患部を濡らさないようにすることが大切です。個人差はありますが、腫れのピークは術後4〜5日で、1〜2週間ほどで8割ほどひいていき、1ヶ月もすれば自然な感じになります。

■費用 490,000円 →インターネット特別料金 450,000円
フェイスリフト(完全リフト)はこちら

その他に、切らずにシワを目立たなくする注入法があります。
ヒアルロン酸注入法
ボトックス注入法
▲ページトップへ戻る
Copyright 2008 Sunrise Aesthetic Surgery このサイトに関する全ての無断転写を禁止します。