EVA(RF・高周波)による切らない施術 女性器治療

EVAは、膣組織の弛緩には膣壁を引き締めて堅さと弾力を改善し膣を縮小していきます。膣組織の乾燥による性交疼痛などの場合、膣壁を柔らかくし潤いを促し与えてくれます。
尿道や膀胱を支える壁の支持組織も強化されるために尿漏れの改善にも効果を発揮します。安全で、アブレーション(焼灼)や外科的処置を行わない最新のRF治療法のひとつです。
EVAは、上皮微小循環を刺激します。それにより外陰膣萎縮症
(乾燥・かゆみ・灼熱感・ 痛みを伴う性行為)の症状を軽減させてくれます。
 また、性行為による膀胱炎にも効果があります。
産後等だけでなく、膣がゆるくなったと感じる場合など、緩みや感度もいままでとは違ってきます。
外陰部の色素沈着(黒ずみ)小陰唇肥大により生じる痛み等の治療も可能
手術や、ダウンタイムに抵抗のある患者様にむいている施術となります。

このシステムでは高周波(RF)エネルギーを利用して低温熱を発生させ、コラーゲン・ヒアルロン酸線維の造成を促し、コラーゲン・ヒアルロン酸の再構築や新しいコラーゲン・ヒアルロン酸の成長を促進し、上皮微小循環も増やします。膣入口内側の組織から広範囲を効果的に引き締めていきます。



GSM閉経後尿路性器症状
 EVAは、上皮微小循環を刺激する。それにより外陰膣萎縮症
 (乾燥、かゆみ、灼熱感 や痛みを伴う性交)の症状を軽減します。

膣の地緩や性交疼痛・性的満足感の衰退
 EVAは、コラーゲン、ヒアルロン酸の産生を刺激することによって、
 膣壁の弾力と堅さを改善します。

外陰部の若返り
 EVAは、繊細な外陰部組織の屈性を復元し、美的および機能的側面を改善します。

大きい小陰唇を小さく・性器周りの色素沈着改善

膣・外陰部臭いの改善

軽度のストレス性尿失禁


・温熱を下層組織のコラーゲン線維に照射していきます。
メスを使いませんのでダウンタイムが必要ありません。
・治療時間ー膣内部の場合は約20分程度・外陰部の場合は約10分程度で終了です。
・治療の間隔ーどちらも2週間になります。

・麻酔不要なので、治療後でも日常生活に戻ることができます。
・治療後組織の細胞が活性化し、コラーゲン・ヒアルロン酸の再生を促します。

切らない施術ですので、手術なし・出血なし・麻酔なし、ダウンタイムもありません。
手術とは違い、ダウンタイムを気にすることがいりませんので、患者様に普段どうりの生活をしていただけます。麻酔や、冷却等のシステムもなく無痛で快適にお受けになれます。



費用
( 1回) 49,000円
(4回コース) \169,000

同時に膣内部と外陰部2か所の施術をお受けになる場合   
(4回コース) \298,000














婦人科の美容整形




EVA
ENHANCER OF
VAGINAL ANATOMY




LASER IS THE PAST. DISCOVER THE FUTURE OF FEMININE CARE

EVA™ is the first device in the world that uses the exclusive technology VDR™ (Vaginal Dynamic Radiofrequency), developed and patented by Novavision Group R&D Department together with the main Italian Universities. This technology will change the ways of feminine care.

Thanks to the Dynamic Quadripolar energy emission, EVA™ acts in selective and focused way on the targeted layer of the vaginal tissue to treat the most important pathologies. The self-guided system reduces drastically the power usage compared to traditional devices and virtually eliminating the risk of burns. The device allows to make painless, comfortable and effective treatments.

The solution for feminine intimate care.
Comfortable Safe and Effective.
Patented Vaginal Radio Frequency to Treat.
GSM(Genito-Urinary Syndrome of Menopause)
1.Vulvo-Vaginal laxity and reduced sensitivity.
2.Vaginal dryness.
3.VVA(Vulvo-Vaginal Atrophy)
4.Vulvar Rejuvenation
(for Vulvar aging)
5,Vulvo-vaginal irritations.
6.Vulvar Pain.
7.Dyspareunia
8.Itching and Burning Sensations.
9.Recurring Vaginitis and Cystitis.
10.Mild SUI(Stress Urinary Incontinence)



-VAGINAL  DYNAMIC  QUADRIPOLAR RADIOFREQUENCY TECHNOLOGY(VDR)

-MOVEMENT SENSOR.

-4TEMPERATURE DETECTORS.
PAINLESS,NO,ANESTHESIA,NO DOWNTIME.

-LUNCH TIME PROCEDURE.

-UPR TECHNOLOGY(Uitra Pulsed Radioporation)


▲ページトップへ戻る
Copyright 2008 Sunrise Aesthetic Surgery このサイトに関する全ての無断転写を禁止します。
・  --