千葉 横浜のサンライズ美容外科TOP>女性器形成手術一覧
LVRとは,日本で初めて導入された女性器専用レーザー LaserProダイオードを使用した女性器の若返り術です。

年齢と共に現れる防ぎようのない衰え・・・気になるのはお顔のシワやたるみだけですか?
いい女でいたいあなたならきっと気になるはず・・・それは、膣の老化。
加齢や出産により、膣壁の弾力やヒダは緩み、膣圧は弱まっていきます。
その結果生じる性の不一致・・・
大切な人を満足させられない不安は、あなたをますます老けさせてはいませんか?

でも心配ありません。膣の老化は、LVRで改善することができます!

この手術を効果的に行なうには、入り口を狭くするだけでなく膣内部の圧力も増すようにすることが大切です。手術後は、膣の締まりが良くなり、同時に男性器に刺激を与えるヒダも形成されますので理想的な膣となります。
手術は、局所麻酔後、レーザーメス(LaserProダイオード)を使用して余分なたるみや組織(粘膜)を切除します。次に肛門挙筋(膣を引き締める筋肉)が強くなるよう縫合し、同時に膣の粘膜も内壁を狭くするために細かく縫合をします。手術時間は約40分です。自然に溶ける糸を使用するため術後の抜糸や通院は必要ありません。シャワーは3日後から、入浴は1週間後から可能です。
術後1ヶ月は、激しい運動や自転車に乗るなど負担のかかることはお避下さい。
また、SEXも6週間ほど控える必要があります。
■費用 390,000円

さらにいい女になりたい方には・・・
女性の性感帯の一つであり、男性のペニスにあたる陰核(クリトリス)は神経がたくさん通っていてとても敏感な部分です。その刺激を受けやすい部分が皮で覆われていると感度が鈍くなりオーガズムに達しにくくなります。
LVRはあなたを官能的な女性に変え
大切な時間をエンジョイできるように
お手伝いします。

1940年にドイツの産婦人科医アーネスト・グラフェンバーグにより報告された、新しい女性の性感帯のことをGスポットと呼んでいます。位置は、膣の入口から2〜3cm位奥に行った所でお腹側に指を軽く曲げたとき、指の腹があたるザラザラした部分で、女性器のなかでもきわめて性感が集中している部位といわれています。すぐには感知できない部分ですが、深い刺激を受けることによって感度がアップしていきます。
まだ未開発の性感帯を見つけたい方や
もっと感度を高めたいと願っているあなたには、
GスポットへのGショットをお勧めします。
▲ページトップへ戻る
Copyright 2008 Sunrise Aesthetic Surgery このサイトに関する全ての無断転写を禁止します。